抑毛 女性ホルモン

バカにできない食べ物による抑毛効果

抑毛には女性ホルモンが不可欠と言われています。

 

毛深かったり、毛が濃かったりして悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。その原因は、女性ホルモンの分泌が少なくなってしまっているか、男性ホルモンの分泌量が多い状態になってしまっていることにあるようです。

 

女性が持つ男性ホルモンの量は、男性の約1/10と言われています。男性ホルモンに含まれるテストステロンが体毛を強く太くするという役割を持っています。

 

一方、女性ホルモンに含まれるエストロゲンは、体毛を薄くする役割、つまり抑毛効果を持っています。

 

ホルモンの分泌量は、さまざまな生活環境によっても左右されてしまいがちです。男性ホルモンの分泌量が増える原因には、ストレス過多・夜型生活・肉食などが挙げられます。

 

女性ホルモンが減る原因としては、喫煙・過度なダイエットなどが挙げられます。

 

体毛について、気になるようであれば少し生活習慣を見直して、女性ホルモン優位の状態であるように改善してみると良いかもしれません。

 

大豆製品(エストロゲン)

抑毛に効果的な食材に、大豆製品があります。大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似ている構造をしています。

 

体内で同じような働きをしてくれますので「エストロゲン様作用」と呼ばれます。ムダ毛へのはたらきかけとして、エストロゲンは毛根である毛乳頭・毛母細胞を包む“毛包”の活動を抑制させます。

 

そして、イソフラボンも同様に“毛包”の活動を抑制してくれます。

 

結果として、毛乳頭・毛母細胞の活動が抑制され、毛の成長が遅くなり、だんだんと細くなり、ムダ毛の抑制効果につながっていきます。

 

大豆は高タンパク・低カロリーの食材でもあり、健康にもダイエットにも美容にも良い、栄養満点な食材です。豆腐や納豆、水煮や煮物などさまざまなバリエーションがあり、また味の馴染みも良いので食べやすい食材とも言われています。

 

毛が濃いことなどに悩んでいるようであれば、大豆製品を積極的に食べて、イソフラボンの抑毛効果を試してみるのも良いと思います。

 

かぼちゃ(ビタミンE)

大豆製品に引き続いて、抑毛に効果的と言われる食材に、かぼちゃがあります。

 

かぼちゃに含まれるビタミンEにも、女性ホルモンに似たような働きがあるのです。ビタミンEは、ホルモン分泌のコントロールをする作用もあり、バランスを整えてくれます。

 

女性ホルモンの分泌量がしっかりと安定することによって、エストロゲンの働きを促進し、体毛を薄くする抑毛効果があります。

 

かぼちゃには、とてもビタミンEが多く含まれているのです。100gあたり3.4mgです。かぼちゃ100gというと、煮つけであればおおよそ4-5切に相当するようです。

 

なんとなく、あっという間に食べてしまえる量ではないでしょうか。

 

すじこやいくら、たらこ、キャビアなどの魚卵にも多く含まれているとのことです。とは言えども、かぼちゃと同じく100gというとなかなかボリュームがあると感じるかもしれません。

 

また、アーモンドや唐辛子などにも多く含まれています。ムダ毛が気になるなぁという人は、ビタミンEを多く含む食材も積極的に食べてみてください。