女性ホルモン ムダ毛 抑制

イソフラボンがムダ毛を減らしてくれる?

美人女性

 

イソフラボンと女性ホルモン(=エストロゲン)は、とても似ている化学構造をしています。そのため、体内で似たようなはたらきをしてくれることで注目を浴びている成分です。

 

女性にはエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)という特徴的な2つのホルモンがありますが、体の周期に合わせて分泌量が変化しています。

 

そのうち、エストロゲン(卵胞ホルモン)は女性らしさを司り、一般的に「女性ホルモン」と呼ばれます。エストロゲンの分泌量が多い時期=排卵準備期間では、肌のハリやツヤが良くなったり、自律神経のはたらきが安定したりと、女性にとって良い効果がプラスされます。

 

また、イソフラボンはエストロゲンと似たようなはたらきをしつつも、エストロゲン自体に対する拮抗作用があることも注目を浴びています。

 

現代の女性では、エストロゲンの過剰分泌傾向があるとも言われ、このエストロゲンの過剰分泌が女性特有のがんとの関係性があるとも言われ始めています。

 

イソフラボンがまだまだ未知の力を秘めていると盛んに研究がおこなわれている背景には、エストロゲン様作用・エストロゲン拮抗作用の2面性があるからでもあるようですね。

 

つまり、女性ホルモンであるエストロゲンが不足している時には補う作用をし、エストロゲンの過剰分泌の場合には対抗・阻害する作用をするというとても優れている成分であるわけです。

 

女性ホルモンとムダ毛抑制の関係は

ムダ毛というのは、男性ホルモンといわれるテストステロンの影響であると言われています。

 

女性にも男性ホルモンはあり、微量のテストステロンが分泌されています。男性ホルモンには、男性毛と分類されるヒゲ・胸毛・腕・脚・手足などの体毛を太く、濃くするはたらきがあります。

 

女性がムダ毛と感じる毛は、ほとんど男性ホルモンの影響によって生えている毛の部分です。女性ホルモンに影響される毛は、前頭部・頭頂部の毛だけです。

 

その他の無性毛といわれる眉毛・まつげ・側頭部・後頭部・陰毛・わき毛はホルモンの影響を受けません。

 

男性ホルモンに対し、女性ホルモンといわれるエストロゲンには、ムダ毛抑制の効果があります。

 

そのため、男性ホルモンが多くなく女性ホルモンが活発・安定的に分泌している女性では、ムダ毛はありますが細く薄いため目立つほどではないというのが一般的です。

 

一度ムダ毛の処理をすると新しく生えてくるまでに時間もかかります。

 

ただし、テストステロンはストレスや生活習慣の乱れ、食生活の影響(主として肉食)によって強く分泌されますので、最近では男性ホルモンの多い女性も増えてきているそうです。

 

ホルモンの分泌量は遺伝的な要素もあるため、一概には言えませんが、以前より体毛が濃くなった、やたらムダ毛の生える周期が早いなどは男性ホルモンが何かの原因で増えてしまっていると言える場合が多いです。

 

イソフラボンを多く含む食品は

イソフラボン

 

イソフラボンは、大豆胚芽に含まれるフラボノイドの一種ですから、大豆製品に含まれています。

 

日本人にとっては、特に身近な存在のため、摂取しやすい食品ともいわれます。納豆・豆腐・油揚げ・味噌などです。目標摂取量とされているのは、豆腐1/2丁、または納豆1パック、またはきな粉20g程度の1日40-50mgです。

 

豆乳飲料や大塚製薬から発売されているSOYSH(ソイッシュ)などの栄養補助食品もお勧めです。

 

イソフラボンの過剰摂取による悪影響は

イソフラボンは健康にも良い成分で、善玉コレステロールを増やす効果や、骨粗鬆症予防やがん予防などにも効果的といわれていますので、積極的に摂取すべき栄養成分です。

 

目標摂取量1日40-50mg(閉経後女性は70-75mg)を毎日継続して摂取することが大切です。

 

イソフラボンには過剰摂取による悪影響・副作用があると言われています。特にサプリメントなどでの単独摂取は、過剰摂取に要注意です。

 

エストロゲン依存性疾患というものがあり、特に女性特有の病気(子宮筋腫・乳腺症・子宮内膜症・乳がん・子宮頚がん・子宮線がん・子宮体がんなど)はエストロゲン値が高いとなりやすいといわれています。

 

イソフラボンの過剰摂取が、このエストロゲン依存性疾患のリスクを上げてしまうとの研究結果が出ています。必要な成分ではあるものの、過剰摂取には要注意というところでしょう。

 

なめらか本舗の「豆乳イソフラボンローション」とは

なめらか本舗の豆乳イソフラボンローション

 

指原莉乃さんのイメージキャラクターでおなじみ、なめらか本舗の「豆乳イソフラボンローション」には、イソフラボンが含まれています。

 

保湿効果・美肌効果・美白効果があり、しっとりした使い心地には評価も上々です。

 

また、ムダ毛の抑制にも効果を発揮してくれるとのことで人気も高くなっています。イソフラボンが毛の根っこである毛乳頭のはたらきを弱めてくれる、毛乳頭へ届く栄養成分をシャットダウンする効果があるようです。

 

毛乳頭の栄養がなくなることで毛が細く、薄くなっていくとのことで、ムダ毛の抑制に効果バッチリです。

 

化粧水だけで3タイプ!

 

豆乳イソフラボンローション(化粧水)はラインナップがきめ細かいのもメリット。

 

なんと化粧水だけで3タイプがあります。それぞれ「化粧水」「しっとり化粧水」「とってもしっとり化粧水」と、保湿力や肌状態によってベストな使い心地の商品を選べるんですね。

 

季節を問わず乾燥がひどい・・・という方ならとってもしっとりタイプがいいですし、夏など汗でベタついている時はさっぱり保湿タイプが合うかもしれません。

 

化粧水だけでなく、クレンジングからクリームまで幅広い品揃えがあります。

 

なめらか本舗保湿シリーズ全商品

水クレンジング 756円(税込)
しっとりクレンジング洗顔 756円(税込)
とってもしっとり化粧水 972円(税込)
メイク落としクリーム NA 1,080円(税込)
クレンジング洗顔 NA 756円(税込)
化粧水 NA 972円(税込)
しっとり化粧水 NA 972円(税込)
モイストシートマスク 1,296円(税込)
美容液 N 1,296円(税込)
乳液 NA 972円(税込)
クリーム NA 1,028円(税込)
UV化粧下地 N 972円(税込)