ほくろ 脱毛できない

ほくろは光脱毛を諦める原因になるの?

ほくろ

 

脱毛を検討されている方の中には、「ほくろがある箇所は脱毛の対象外となります」という脱毛サロン等の記載を見かけたことがある方も多いかもしれません。

 

実際、ほくろのある箇所に光脱毛器を照射すると、通常の肌に照射する場合に比べトラブルのリスクが高くなってしまうことは事実です。

 

その原因は光脱毛器の性質にあります。

 

フラッシュ脱毛器は、毛などメラニン色素の黒い色の箇所のみに集中して熱を当てることで、脱毛を行っています。

 

すると、ほくろは毛と同様に濃い黒色であるため、光脱毛器が毛と同様の反応を示しその箇所に熱を与えてしまうわけです。

 

ほくろには大ダメージ

しかもほくろは、毛に比べると遥かにその範囲が巨大であるため一度に浴びる熱量も多く、結果として火傷や肌荒れといったトラブルにつながってしまう危険性があるのです。

 

ほくろは組織の根も深く、簡単には取れませんし、素人が変にいじると危険です。

 

脱毛サロンは医療機関ではないですし、リスクヘッジを考えて無理な施術は避けた結果、ほくろはまさに腫れ物に触る扱いになっているのです。

対応はサロンによって異なる?

悩んでいる女性

 

ほくろがあると、脱毛できないという噂を耳にして脱毛を諦めてしまったという方もいます。

 

ですが、実はちょっとした対策を施すことで、脱毛サロンでも施術を受けることができるケースもあります。

 

それはほくろに光脱毛器が反応しない色のテープを貼るというものです。そうすれば、誤ってほくろの箇所に熱を与えてしまい火傷や肌荒れといったトラブルに発展することを防ぐことができます。

 

ただし、ほくろにテープを貼って施術を行ってくれるかどうかは、脱毛サロンによって異なります。

 

事前にスタッフの方と相談して十分な安全が確保されているかを確認した上で施術に望むようにする必要があります。

 

また、自宅で家庭用脱毛器を利用して脱毛される方もいますが、その場合はほくろに照射することは絶対にやめましょう。

 

専門の知識を持たずに利用を続けていて、肌を傷つけてしまう危険性があるためです。

実はほくろがOKの光脱毛サロンがある

こっちに向かってOKサインを出すかわいい女性

 

テープを貼ったから施術できるといっても、やはり付け焼き刃ですしリスクがやはりつきまとうもの。

 

光脱毛やレーザー脱毛はその性質上、ほくろ部分への施術はするべきではありません。

 

じゃあ脱毛したい場所があるのに黒子のせいで諦めないとダメなの・・・?

 

となりそうですが、実は最近、それを解決する新しい脱毛機が出てきました。

 

今までの脱毛方式と違い、メラニン色素とまったく関係しない、つまりホクロがあっても気にせず施術できる新しい脱毛施術が生まれたのです。

 

それが「SHR脱毛」です。

 

SHR脱毛とは

SHR脱毛は蓄熱式脱毛とも呼ばれる新しい脱毛方式です。

 

今まで毛や毛根のメラニン色素に光エネルギーを当てて脱毛していたのですが、このSHR脱毛は光を当てる場所そのものが違います。

 

毛根でなく毛包(バルジ)と呼ばれる部分になります。

 

この毛包に弱めの光を連続的に当てることで脱毛していきます。大きな特徴として「痛みがなく」「効果が早い」というものがあります。

 

つまり今まで脱毛にあったネガティブ面をことごとく払拭しています。

 

毛量などで個人差はあるのですが、およそフラッシュ脱毛の半分の期間で脱毛が終了するというデータがあります。

 

さらにメラニンに関係しないので、産毛でも金髪でも白髪でも大丈夫という人によっては絶大なメリットがあります。

 

産毛に強いので顔の脱毛にもいいですね。

 

SHR脱毛は現在、ラココストラッシュ(ともに脱毛サロン)でサービス提供されています。

 

どちらも月額制の全身脱毛とトレンドを抑えたプランを低価格で用意しており、効果の早さも相まってコスパにすぐれたサロンです。

 

SHR脱毛をやっている2サロン

 

■ラココ
■ストラッシュ