アトピー 脱毛 通える

アトピー性皮膚炎と脱毛サロン通い

アトピー性皮膚炎の場合でも脱毛ができるかどうか、脱毛サロンのミュゼプラチナムがQ&Aで答えています。

 

おおよそ、他の脱毛サロンの対応も同じようになるようです。まずは、かかりつけ医・主治医からのOKがもらえるかどうか、が大事なようですね。

 

アトピー性皮膚炎については、個々によって症状が違うので要注意です。特に薬でコントロールしている人は、しっかりと医師と相談の上、どのような脱毛方法が良いかという点も大事です。

 

光脱毛については、医療用レーザーより照射力が低いことで、光脱毛をおすすめする皮膚科医も多いそうです。

 

ミュゼプラチナムのでは、脱毛部位にステロイド剤を塗っている場合は使用中止後2週間以上をあけるようにとの回答があります。

 

また、飲み薬の服用の場合については服用中止後1ヶ月以上とのことです。

 

また、肌の状態によっては施術が難しい場合もあるそうですので、実際にはカウンセリング時にしっかりと相談をするのが良さそうです。

 

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う皮膚疾患の症状が慢性・反復性である場合に診断されます。

 

症状はさまざまあり、良くなったり悪くなったりを繰り返す傾向があるようです。アレルギー体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多いと言われています。

 

湿疹などが、目や口のまわり、首やわき、手足の関節の内側などに出やすいです。原因については、なかなか解明されていませんが、花粉やハウスダスト、化学薬品・化学製品、その他さまざまな刺激に対する反応であるとも言われています。

 

アレルギー反応テストを受けて、原因の分かる場合もありますが、分からない場合も多くなかなか根治が難しいとも言われています。

 

治療法については、ステロイド剤を塗ることが一般的とされていますが、ステロイド剤とはあくまでも症状を抑える薬ですので、いわゆる対症療法になります。

 

できるだけ皮膚に対する刺激を避けて、しっかりと保湿をして皮膚のバリア機能を強くしてあげることが効果的とされています。

 

アトピーはヒルドイドやワセリンでこまめな保湿が重要

アトピー性皮膚炎では、ヒルドイドやワセリンでこまめな保湿が重要です。

 

ヒルドイドやワセリンは、皮膚科で処方箋をもらって調剤薬局で購入することができますし、保湿剤としての処方では約9割を占めるとも言われています。

 

低刺激でありながら、しっかりと保湿をしてくれる薬として人気も高いです。ポーチなどで気軽に持ち運びもできますので、長時間屋外にいる場合や、冷暖房の部屋にいる場合、手洗いなどの後など、こまめな保湿をすることが重要です。

 

肌が乾燥してバリア機能が落ちてしまっていると、より敏感に過剰に反応してしまいがちになってしまようなのです。保湿剤については、多めに処方してくれます。

 

市販の保湿剤を購入するのも良いですが、処方薬であれば比較的安価で購入できますし、細かな添加剤や安定剤などの成分を含めて安全な薬という大前提があります。

 

なかなか皮膚科へ行くチャンスがないという場合にも、ワセリンについては、処方薬の「ワセリン」と差異のないクリームが薬局などで気軽に購入できますので、保湿はこまめにしてみてください。